頑張る自信を失くした日

日の朝役割分担の打ち合わせをしていて


朝の準備担当はあたし

バイタルサイン測定は先輩がすることになった





ここであたしは考えた( ÒㅅÓ)



利用者サマのお席が決まるまで

バイタルサイン物品や温罨法グッズマッサージ機等の準備をして

夕方にオートクレープの掃除をしよう(,,→∀←,,)



すると


「今日は土曜日ですよね?オートクレープの掃除は?あとでするの?」


「(✿´•㉨•)?…後でします。」(これは朝やらなきゃならないな)






先輩の目が光り続ける中

準備をするのは良い意味では安心だけど

悪い意味では信頼されてないのかなぁって

思いました




先輩に合わすべくオートクレープをやっていたら

お席が決まったので枕や背中のクッションも

置けるようになると

先輩がさささっと置きそして次の一言




「ちゃっちゃか動いてください。準備が不十分です!!」



「はい…。すいません。」





( ՞ਊ՞)



えっと

あたしの役割を取られた?

いやアドバイスだアドバイス




サポートをする時に一言

「これやっときますね。もうちょっとちゃっちゃか準備して下さいね。」


だったらいいなぁって思ったけど

上司だから頑張って応えるしかない





他にも昼から一人で頑張ってくださいと言われ

昼からの仕事に入ると

案の定ささささっと入っていただきかつ

手伝っていただきました



頑張ってちゃっちゃか合わせるしかないんだなぁ




なみに明日のお仕事はメインじゃないです

なぜかはわからない


たぶんだけれども

気難しくてトラブルが起こった利用者サマが来所されるから

だと思うたぶん(´•ω•`)






み会もその日にあってこそこそ話をされ疲れました



でも原点にもどるならば

自分の看護をする

そして相手の気持ちを察しながら行動する





▼おらに元気をおくれーぃ

看護 ブログランキングへ

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い